人気ブログランキング |

新田均のコラムブログです


by nitta_hitoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
「ゴー宣言ネット道場」の【提言 女性宮家創設は皇統維新である】の19分50秒あたりで、小林さんは「保守派は、天皇陛下が女系公認なら、その考えは間違っていると思っている。今の天皇陛下のことなんか全然考えてないわけですよ。」と言い、高森さんは「二千年を貫く伝統を守ることこそ大御心であって、今の天皇陛下がどう考えておられるかということは二の次三の次だという言い方。これがおかしいのは、その伝統を解釈するのは俺だと言っているわけです。それと違うことを言うのは、天皇のお気持ちであろうが何であろうが余所においとけというわけで、こういうとんでもない話をしているわけですから、これが私は一番許し難い」と言っています。

ところが、高森さんが「チェック」した『天皇論』(平成21年6月)で、小林さんは「もし天皇が、憲法改正反対を明言なさったら、わしは逆賊になる!」(366頁)と書いています。また、国旗・国歌について今上陛下が「やはり、強制でないことが、望ましいですね」(368頁)とおっしゃったことを受けて、「わしは天皇の御言葉に反しても、日本の伝統を強制する悪役に徹していこうと思っている」(370頁)とも書いています。

さてそこで、例によって高森さんへの質問です。

①天皇陛下の御意志にも、従うべきものとそうでないものとがあるのでしょうか。あるとしたら、それは誰が決めるのでしょうか。小林さんですか、高森さんですか。

②天皇陛下の御意志にすべて従わなければならないとたら、『天皇論』(平成21年6月)は「今の天皇陛下がどう考えておられるかということは二の次三の次だという言い方」で、「伝統を解釈するのは俺だと言っているわけです。天皇のお気持ちであろうが何であろうが余所においとけというわけで、こういうとんでもない話をしているわけですから、これが私は一番許し難い」不敬の書ということになりませんか。「チェック」した者として、その責任をどうとられるおつもりですか。

③「「二千年を貫く伝統を守ることこそ大御心であって、今の天皇陛下がどう考えておられるかということは二の次三の次だという言い方。これがおかしい」との主張は、皇位継承問題については、今上陛下のお考えと自分たちの考えが一致していると思っているから言っているだけの便宜的・ご都合主義的な主張なのではありませんか。

④「君臣の分義」を厳かに守る立場から、「勅」を「明」らかにするなどという尊大な名前を取り下げられる気はありませんか。
# by nitta_hitoshi | 2012-05-08 22:12
高森ウィンドウズ104回で、高森さんは、彬子女王殿下の御言葉に対して「傍系の一女性皇族の片言隻語」(4分15秒、5分20秒)という言葉を使いました。とても嫌な感じでした。「自分には意志を尊重すべき皇族の範囲を確定する権利がある」と思い込んでいるように聞こえたからです。

旧宮家の男子の方に対して「旧宮家系一般国民男子」という言葉使った時も同じ感じを受けました。「君臣の分義」を錦の御旗にして、「一旦臣籍に降ったら俺と対等だ」と言っているように聞こえたからです。

 天皇陛下の御意志云々という議論の時もそうでした。「自分には天皇の御言葉の意味を決定したり、御意志を断定したりする権利がある」と言っているように聞こえたからです。

このような発言を繰り返し聞かされている内に、私はだんだん「明勅」という名前に引っ掛かりを感じるようになりました。名は体を表すといいますが、高森「明勅」とは、どうやら、勅(天皇の御言葉)を明らかにする、すなわち、天皇の御言葉の意味を決定したり、御意志を断定したり、旧宮家の方々と対等だと感じたり、さらには、御意志を尊重すべき皇族の範囲を確定したりする権利が自分にはあると思い込んでいる人物、という意味になってきているようです。

 そこで、「君臣の分義」を強調する高森さんへの質問です。

 
 いくら親からつけてもらったとは言っても、自分の名に「勅」を使い続けることに違和感はないのでしょうか。
# by nitta_hitoshi | 2012-05-07 22:27 | 女系天皇(主に高森さんへの問い)
 高森さんが決して言及しようとしない葦津珍彦氏の天照大御神論を紹介します。

「至高至貴の女神一柱が、皇室の血縁の最初の祖といふのはロジカルでない。/アニミズムの信に戻るべきである。人間がこの世に生まれるのは、生理的には父母によって生まれるのであるが、その根底には神霊の働きがある。神霊によって生まれるとの信は、神道の根本である。人間が生まれるのは神霊によるし、人間の精神的祖は、その神であることを信じてゐる。後世でも、神話の神々を氏神とし、自分をその子孫であり、氏子とする信仰は生きてゐる。生理的には人間父母の子であるが、信仰的には神話の神を父母とし、祖として生まれたとの信である。その信がなくては、日本の神道も神国思想も成立しない。/皇祖天照大御神は、正に信仰上の皇室の祖であり、神話の神であってただの生理的人間ではない。だから神宮があっても、生理的人間歿後の御陵がない。」(『葦津珍彦選集(一)』p293)

 学者としての高森さんに質問です。

葦津先生が生きておられたら、「天照大神はが“女神”であることを思えば、皇統の始まりが“女系”であったと申してもよい」という議論は、霊的・精神的祖と肉体的・生理的祖とを混同した「ロジカルでない」議論として否定されるとは思いませんか。
# by nitta_hitoshi | 2012-05-06 16:08 | 女系天皇(主に高森さんへの問い)
 高森明勅さんは、旧宮家男子の皇籍取得に反対する根拠として、戦後神社界の理論的指導者であった葦津珍彦氏が昭和29年12月の『天皇・神道・憲法』の中で、次のように書いていたことを強調しています。
「占領下に皇族の籍を離れられた元皇族の復籍といふことが一応問題として考へられるであらう。この間の事情については、論ずべき問題も少なくないが、その事情の如何に拘わらず、一たび皇族の地位を去られし限り、これが皇族への復籍を認めないのは、わが皇室の古くからの法である。」「この不文の法は君臣の分義を厳かに守るために、極めて重要な意義を有するものであって、元皇族の復籍と言ふことは決して望むべきでないと考へられる。」(『葦津珍彦選集(一)』p648-649)

 他方、高森さんは、葦津氏が、この文章の前に次のように書いていることには決して触れないのです。
「日本の皇位継承法に於いて、女帝の制度の認められた歴史はあるが、女帝は常に配偶者の現存せざる場合に限られてゐたのであって、女系子孫の継承を認める思想は全然存在しなかった日本皇室の万世一系とは、男系子孫一系の意味であることは論をまたぬ。然るに、女系の子孫(それが男であれ、女であれ)に対して、皇位が継承せられるとすれば、それは万世一系の根本的変革を意味する。われわれの断じて承認しがたいところである。」(同書p643)

そこで、学者としての高森さんへの問いです。
①この文章を紹介しないのは、学者としての公平性に欠けると私は思いますが、高森さんはどうお考えですか。

②今日、葦津珍彦氏が生きておられたら、「君臣の分義」と「万世一系(=男系子孫一系)」とどちらを重視されると思いますか。その予想と理由をお示しください。

 なお、この二つの質問は、高森さんの議論に同調しておられる方々にもお答えいただく義務があろうかと思います。
# by nitta_hitoshi | 2012-05-05 22:56 | 女系天皇(主に高森さんへの問い)
 皇統をめぐる議論で残念だったのは、女系天皇実現に固執する学者の方々が、自分の結論の宣伝を第一義とされて、学問的な議論の作法を無視されたことです。私が考える学問的な議論の作法とは次の三点です。

①他人の説や史料を引用する場合、自分の都合のよい部分だけを紹介して、都合の悪い部分は隠すという手法はとらない。また、少なくとも、依拠する史料については一通り全体に目を通し、調査・検討ないし研究してから主張を公表する。

②反論や反証を提出された場合には、どんなに答えにくい議論であっても、無視したりせずに誠実に答える。他人に代弁してもらうというような姑息な方法はとらない。

③結論(女系天皇の肯定)を同じくする人の議論であっても、見解が相違する部分については、その違いを認め、相異の理由を明確にする。

 この三点から、女系天皇の実現に固執されている方々の議論を、これから吟味していきたいと思います。

 この吟味の結果、女系天皇論には「歴史的」な根拠・正統性はなく、ただ現状分析と未来予想に基づく正当化があるだけ、であることが明らかになると思います。したがって、女系天皇を容認する方々が学者であるとするならば、歴史学者ではなく、現状学者か、未来学者であるということになります。

 そして、わたしは、それらの方々が、皇室を思う衷情から、歴史学者の立場をかなぐり捨てて、現状学者や未来学者になられる決断をされたことまで批判するつもりはありません。また、「未来永劫、皇室を安泰にするためには、歴史や伝統こだわるべきではない」と正直に言われるのであれば、その倫理性まで問題にしようとは思いません。ただ、「歴史学者や歴史研究家という肩書きを使って、歴史学を装って、歴史からは正当化できないことを、あたかも正当化できるかのように見せかけることはやめていただきたい」と思っているだけです。
# by nitta_hitoshi | 2012-05-04 17:32 | 女系天皇(主に高森さんへの問い)
 「ゴー宣言ネット道場」を久しぶりに開きました。その【提言 女性宮家創設は皇統維新である】を見て、『わしズム』第30号で、小林さんたちが「女性宮家」の創設を必死になって訴えはじめた理由が理解できました。旧宮家男子の皇籍取得を阻止するために強調してきた「君臣の分義」が、自分たちの首を締め始めたからです。

【提言】の12分あたりで、高森さんは次のように言っています。「清子内親王殿下が黒田家に嫁がれた。それでも、准皇族としての地位を与えて、皇族の御公務の一端を担っていただいてはどうかという議論が出始めている。これはまさに君臣の別を踏みにじる議論です。はっきり言って。眞子さま、佳子さまが民間に降れても、どんどん御公務をやっていだければいいじゃないか。これは君臣の別を危うくする議論です」

君臣の分義を強調しすぎた付けが回ってきて、女性皇族が一旦民間に降られてしまえば、その方々を女性宮家の候補者とすることは勿論、御公務を担っていただくことさえ、論理的にというよりも、倫理的に主張できなくなってしまいました。したがって、女性皇族が結婚適齢期を迎えられるという事態に遭遇してあせっているわけです。

それにしても、高森明勅氏の論理は、二点においてめちゃくちゃです。

①女性皇族が結婚した後でも皇族としての公務を続けられるようにしようという議論は「旧皇室典範」の第44条「皇族女子ノ臣籍ニ嫁シタル者ハ皇族ノ列ニ在ラス。但シ特旨ニ依リ仍内親王女王ノ称ヲ有セシムルコトアルヘシ」を根拠にしています。したがって、高森氏の議論は、勅裁を受けて制定された旧皇室典範に対して、「君臣の別を踏みにじる」条項を含んでいたと言っているのと同じなのです。

②「旧皇室典範」の第44条については、このように否定しておきながら、高森氏は、【提言】の10分30秒あたりで、“皇室に嫁いだ民間女性が皇族とされるようになったのは明治以降にすぎない。それが今では違和感なく受け入れられている。したがって、男子が婿として皇族になっても、やがて違和感なく受け入れられるようになる”という趣旨の発言をしています。おなじく旧皇室典範からはじまったことでも、自分の結論に都合の悪いものは否定し、都合のよいものは肯定する、まさに、つまみ食い、ご都合主義です。
この批判に、高森さんは、どう答えられますか?
# by nitta_hitoshi | 2012-05-03 18:29 | 女系天皇(主に高森さんへの問い)
 この【追記編・欄外編】は、3月11日に、最後の一文を書いて終了する予定でした。ところが、東北太平洋大震災が発生し、その悲劇を前にして、なかなか更新する気になれませんでした。うまく言えませんが、「多くの同朋が不幸に苦しみ、国民が一丸となって国難に立ち向かわなければならない時に、特定の個人の批判にかまけていていいのだろうか」。そんな気持ちでした。それに、小林さんに対する批判は、もう言い尽くしました。
 ただ、最後の一文だけは、事情説明として、公にしておく必要があると思い、掲載することにしました。


『WiLL』平成22年10月号204頁で、小林さんは「新田は田中卓先生に直訴して皇學館に入れたんだろう。田中先生に認められる学問に集中しろ!」と書かれています。このことについて、おそらくは、小林さんが知らないであろう事実を述べて、【追記編・欄外編】を終わりたいと思います。

 私は早稲田大学の博士課程に在籍していた時に、皇學館大学に電話をかけて就職の希望を伝えました。その時応対して下さった事務局長が「それなら、学長に業績を送って下さい」と言われたので、当時学長だった田中卓先生に、就職希望の手紙に業績を添えて送りました。その後、一年ほどして、皇學館大学国史学科教授の鎌田純一先生から「会いたい」との連絡がきました。田中先生が、次の学長になられた谷省吾先生に私のことを伝えて下り、谷先生が神道研究所の助手として私を推薦して下さったからでした。こうして私は皇學館に就職することができました。私は、そのことに深く感謝し、いつか田中先生に恩返ししたいとずっと思っていました。

 やがて時がたち、詳しい経緯は省きますが、八木秀次さんのお陰で、私は論壇で発言できるようになりました。平成15年のはじめころだったと思いますが、その八木さんと高森明勅さんと私の三人で、梅原猛氏を批判するという鼎談が『諸君!』で企画されました。その鼎談の後の懇親会で、『諸君!』の編集長から、「戦後の保守運動を回顧できるような人はいないだろうか」という話が出ました。そこで、私は、いまこそ田中先生に恩返しできる機会だと考えて、こういう趣旨のことを言いました。
「中央の論壇ではほとんど知られていませんが、思想堅固に活動されてきた古代史の大家で田中卓という先生がおられます。この方に、書いていただいてはどうでしょうか」。

 この私の提案に、八木さんも、高森さんも賛成した下さったので、私が仲介役となって、『諸君!』編集部と田中先生とを伊勢でお引き合わせすることになりました(ちなみに、この鼎談は『諸君!』の企画しては没となりました。しかし、『正論』が注目して下さったお陰で、拙論「梅原猛氏の「日本学」に異議あり!」が平成15年5月号に掲載されました)。

 引き合わせの結果、田中先生の「祖国再建」の連載が決まり、先生はそのことを大変喜ばれて、連載企画案を私にファックスで送ってこられました。その時は「これでようやく少しは恩返しができたかな」と嬉しく思いました。

 ところが、「祖国再建」の連載が終盤にさしかかったころ、「皇室典範に関する有識者会議」が発足し、田中先生は連載の最後で、その報告書を支持する論文「女系天皇で問題ありません」(『諸君!』平成18年3月号)を書いてしまわれたのです。その発表時期は、状況的に見て最悪で、女系容認の皇室典範改正案を小泉内閣がまさに国会に上程しようとしている時でした。その法案に保守の古代史の大家がお墨付きを与えたという形になってしまったのです。

 これは、私としては黙っていられない事態でした。黙っていれば、皇學館は全学あげて女系論賛成だと誤解されかねません。國學院の先生が田中先生を批判されたら、皇學館対國學院という本質とは関係のない対立図式で語られることになりかねませんでした。したがって、どうしても、皇學館の内部から批判の声が上がる必要があったのです。

 しかし、それでも、田中先生が全国的な論壇で影響力を発揮するという事態になっていなければ、私は批判の矢面に立たなかったかもしれません。当時、私以上に明確に「男系」を主張していた同僚の松浦光修氏に批判を「お任せ」して、田中先生との直接対決は回避したかもしれません。批判したとしても、神社関係の新聞や雑誌の中でのことに限定していたと思います。
 ところが、田中先生は政治家にも影響力がある『諸君!』という全国的なオピニオン誌に論文を書いてしまわれた。しかも、その道筋をつけたのが私だった。その対処を他人にお願いしたり、押しつけたりするわけにはいきません。そのような抜き差しならない事情で、私は恩人と全国誌で対決せざるをえなくなったのです。
 これは傍目からみれば喜劇なのかもしれませんが、私にとっては、今でも忘れがたい痛恨事なのです。
# by nitta_hitoshi | 2011-03-15 21:14 | 追記・欄外編
●「小林よしのりさん・罵詈雑言集【新田均編】」22

『サピオ』平成22年10月20日号70頁

男系を妄信し、固執する者は、歴史を知らず、歴史から分断され、男尊女卑感情に支配された自分の脳内に勝手に涌いて出た「男系神」(正体はシナ宗族制度)に帰依しているだけである。こういうのを「カルト」というのだ。

[コメント]
 何者かが小林さんに下した啓示。
「信者及び師範は引き続き男系論者の活動妨害、信用失墜に励むこと。手に負えない場合はカルト、バカ、素人、男尊女卑、優生論者のレッテルを貼ること・・・繰り返し反復することにより、われらの提示するものが大衆にとっての『真実』となる」
# by nitta_hitoshi | 2011-03-10 23:00 | 追記・欄外編
 八木さんが「パール論争」の時に小林さんを助けた話は、大切なので、更新をしばらくストップして掲示し続けました。すると、いつもは敏感に反応する小林ブログが完全に沈黙。リスクを犯して助けてくれた人の勇気や温情を隠して、「小心」「姑息」「ずる」「ヘタレ」などと誹謗した「不道徳」。この事実を否定できない以上、黙るしかないのは当然でしょうね。「いま彼はデビュー以来の危機に直面している」(『新天皇論』の帯、参照)のでしょう。
# by nitta_hitoshi | 2011-03-09 20:27 | 追記・欄外編
3月1日のブログで、小林さんは、八木さんを「嘘つき」「陰謀論者」「カルト信者」と誹謗しています。

 少し前になりますが、八木さんが『正論』平成22年11号で「新田氏の主張はお任せするに値するものだと思っている」と書いたことに対して、小林さんは『WiLL』平成22年12月号で「ずるいな~~っ。「お任せ」だって!まさにこれが八木秀次!小心で姑息なずる!」(193頁)、「ヘタレおぼっちゃま八木は、そういう激しい論争する度胸はない。手を汚し、傷つく論争は運動家の新田に「お任せ」という姑息な手口に出た。自分で火をつけて、火消しが来たら、自分の犬をけしかけるのが八木秀次なのだ」(194頁)と誹謗しました。

 このことに関連して、小林さんが隠している事実を皆さんにお伝えしようと思います。『正論』平成20年10月号に「法と道徳をめぐる西部・中島両氏の誤謬ーあえて旧師を言挙げする。これでは、パールは浮かばれないー」と題する八木秀次氏の論文が掲載されています。この論文は、当時、パール判決書の解釈をめぐって、中島岳史・西部邁両氏と論争を展開していた小林氏から「応援してくれないか」と頼まれた八木さんが小林氏を助けるために書いたものです。

 八木さんは、小林さんの願いに答えて、旧師である西部邁氏との関係が悪化する危険を冒して、激しい論争の渦中に身を投じたのです。そのような事実をひた隠しにし、恩義を忘れて、「小心で姑息なずる!」「激しい論争する度胸はない」などと、一方的に非難できる小林さんの神経が、私には信じられません。

 「男気のかけらもないね」。今やこれが、かつて小林さんの言論を支えた人々の共通感覚だそうです。
# by nitta_hitoshi | 2011-03-05 20:52 | 追記・欄外編