人気ブログランキング |

新田均のコラムブログです


by nitta_hitoshi
カレンダー

2010年 12月 27日 ( 1 )

『サピオ』平成21年12月16日号72頁欄外→『新天皇論』第12章125頁[なぜか124頁にあるはずの欄外コメントを125頁に移している]

言っておくが「男系絶対原理主義」は完全に間違っている! わしは尊皇の気持ちを持つ者をできれば攻撃はたくない。落ち着いてこのシリーズを毎回読み続けてほしい。必ずわかるから、そのときは転向してほしい。恥ずかしいことではない。真実を直視する勇気をもってほしい。

[コメント]
 彼は、どうしたことか、ほとんど存在しない男系「絶対原理主義」なるのものを[ドンキホーテが向かっていった風車のように]想定して議論をはじめています。これが大きな勘違いで、最後には「穏健的な男系論者」と呼んで秋波を送らざるをえなくなりました。
 それというのも、「できれば攻撃したくない」という言葉とは裏腹に、この号以降、「穏健的な男系論者」に烈しい罵倒を浴びせていったからです。その証拠がつまった『新天皇論』では「できれば攻撃したくない」という矛盾した表現はやはり削除するしかなかったのでしょう。
どう展開するから分からない論争のはじめから、相手のことを「完全に間違っている」などと言い切ってしまう「上から目線」「見下げた態度」に、私は随分と危ういものを感じましたが、この予感は的中して、やがて彼の方が「必ずわかるから、そのときは転向してほしい。恥ずかしいことではない。真実を直視する勇気をもってほしい」と諭されるようになっていきました。

お知らせ
私も分担執筆した『日本通―お国自慢・13の視点』が発行:育鵬社、発売:扶桑社で発売となりました。
判型:四六判 272ページ
定価:1470円(税込)
ISBN:978-4-594-06332-0

「よき国際人であるためには、まずよき日本人であれ!」
見事な芸術、優れたものづくり、豊かな食生活、そして国民性……、この奥深さを説き明かす。各界の“通”による珠玉の文化論!

私は、「神話が生き続ける国――日本人らしさの源」と題して、日本人の生き方や価値観の根源には神話があることを、日本の神話研究をしている中国人留学生との会話や、キリスト教との比較などから論じてみました。
他に、渡部昇一氏、八木秀次氏など各界の13名の識者が、それぞれの分野で日本の魅力を語られています。
あなたの中の日本が目覚めます! どうぞご一読ください。

⇒詳しくは育鵬社ウェブサイトへ

http://www.ikuhosha.co.jp/public/introduction06332.html

お問い合わせは、
株式会社 扶桑社  TEL (03) 5403-8859(販売)
by nitta_hitoshi | 2010-12-27 10:17 | 追記・欄外編