新田均のコラムブログです


by nitta_hitoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

日本創業の原点・神武天皇(11)

(11)神話にあらわれた天皇像

 それでは、神によって不動と定められた公的秩序の中心者とはどのような存在で、どんな在り方をしなければならないと考えられていたのでしょうか。

 まずはっきりしていることは、天照大神にしても神武天皇にしてもそうですが、全知全能ではないということです。いっぱい失敗談が出てきます。試行錯誤があるのです。天照大神でも占いをしないとスサノオノ尊の心の中が読めないのです。

 全知全能でないのなら、中心者としてどのような特性が求められているのか。それはどうやら、その存在がなければ神々や人々が自分の能力をちゃんと発揮することが出来ない存在ということのようです。全くの暗闇になってしまったら神々も力を発揮できない。思兼神という知恵第一の神がいようとも、手力雄神という力第一の神がいようとも、すべての神々に光を与える存在、今の言葉で言えばエネルギーとかパワーを与え、力づける存在。決して全知全能ではないが、そうであるが故に、他の神々の意向を汲み取って、それぞれにふさわしい場所を与え、能力を発揮させる存在とでもいいましょうか。

 このような存在であり続けるために、つまり、天照大神が神々を統治している精神をそのまま継承して、神々の子孫である国民を統治するために、天照大神はニニギノ尊に「私だと思って祀りなさい」と鏡を渡されるわけです。祭りを行って、自らの精神を清め、高め、それによって国民の気風をも清め高める。さらに、天照大神が授けられた稲の稔りに象徴されるこの豊かな国の発展を祈る。

 さらに、物語の流れをずっと見ていきますと、排他的に天神だけを尊重するのではなく、あらゆる要素を皇室が取り込まれていることがわかります。まずタカミムスビノカミの力、スサノオノ尊の荒々しい力、それから、日向の国津神である山の神、海の神、そして東征されてから後は大和の豪族の娘との結婚という形で、あらゆる地域の多元性を取り入れています。おそらくこういう伝統があったからだと思いますが、平安京を開かれた桓武天皇のお母さんは百済系の人です。ですから、朝鮮系の血も皇室にはもちろん入っている。「天皇は多元世界の統合者である」と、古代史家の高森明勅氏が言われていますが、こういう様々な要素を統合した存在が、天皇という存在なのです。(了)
[PR]
by nitta_hitoshi | 2006-12-15 06:38 | 講演