新田均のコラムブログです


by nitta_hitoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

女系天皇論の非論理性・非歴史性・非倫理性(6)

「ゴー宣言ネット道場」の【提言 女性宮家創設は皇統維新である】の19分50秒あたりで、小林さんは「保守派は、天皇陛下が女系公認なら、その考えは間違っていると思っている。今の天皇陛下のことなんか全然考えてないわけですよ。」と言い、高森さんは「二千年を貫く伝統を守ることこそ大御心であって、今の天皇陛下がどう考えておられるかということは二の次三の次だという言い方。これがおかしいのは、その伝統を解釈するのは俺だと言っているわけです。それと違うことを言うのは、天皇のお気持ちであろうが何であろうが余所においとけというわけで、こういうとんでもない話をしているわけですから、これが私は一番許し難い」と言っています。

ところが、高森さんが「チェック」した『天皇論』(平成21年6月)で、小林さんは「もし天皇が、憲法改正反対を明言なさったら、わしは逆賊になる!」(366頁)と書いています。また、国旗・国歌について今上陛下が「やはり、強制でないことが、望ましいですね」(368頁)とおっしゃったことを受けて、「わしは天皇の御言葉に反しても、日本の伝統を強制する悪役に徹していこうと思っている」(370頁)とも書いています。

さてそこで、例によって高森さんへの質問です。

①天皇陛下の御意志にも、従うべきものとそうでないものとがあるのでしょうか。あるとしたら、それは誰が決めるのでしょうか。小林さんですか、高森さんですか。

②天皇陛下の御意志にすべて従わなければならないとたら、『天皇論』(平成21年6月)は「今の天皇陛下がどう考えておられるかということは二の次三の次だという言い方」で、「伝統を解釈するのは俺だと言っているわけです。天皇のお気持ちであろうが何であろうが余所においとけというわけで、こういうとんでもない話をしているわけですから、これが私は一番許し難い」不敬の書ということになりませんか。「チェック」した者として、その責任をどうとられるおつもりですか。

③「「二千年を貫く伝統を守ることこそ大御心であって、今の天皇陛下がどう考えておられるかということは二の次三の次だという言い方。これがおかしい」との主張は、皇位継承問題については、今上陛下のお考えと自分たちの考えが一致していると思っているから言っているだけの便宜的・ご都合主義的な主張なのではありませんか。

④「君臣の分義」を厳かに守る立場から、「勅」を「明」らかにするなどという尊大な名前を取り下げられる気はありませんか。
[PR]
by nitta_hitoshi | 2012-05-08 22:12