新田均のコラムブログです


by nitta_hitoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

小林よしのり氏“公認”「ゴーマニスト」宣言(134)

◎これがゴーマニストの終わり方、劇的ではなく、情けなく終わる。 

小林さんは、自分の主張を読者に刷り込むために、自分に有利な史料だけを紹介したり、不利な史料は隠したり、という手をよく使います。

 彼は『サピオ』平成11月10日号で、継体天皇は「要するに「入り婿」である」(59頁)、「男系の血筋の不足を女系の血筋で「格上げ」することで、やっと皇位に就くことができた」(60頁)と主張しています。ところが、その根拠としては、『古事記』の「手白髪(たしらかの)命に合(めあわ)せて、天の下を授け奉りき」という文しか引用していません。

 継体天皇の即位と立后について、『日本書紀』では、即位の後に、臣下の助言を入れて手白香皇女(たしらかのひめみこ)を皇后に迎えたと記されてます。したがって、『日本書紀』に基づけば、仁賢天皇の娘で、武烈天皇の姉である手白香皇女との結婚は、即位後ということになりますから、天皇の地位の「補強」のためとは言えても、それがなければ、皇位継承ができなかったとまでは言えません。

 そして、女系が皇位の「補強」以上の力を持ち得なかったことは、手白香皇女自身が皇位に就かなかったことからも明白です。女系でいいのであれば、それこそ、手白香皇女自身が天皇となって、まさしく男大迹王(継体天皇)を婿にして、男系の血で補強すればよかったのです。

○補足

 『国民新聞』10月25日号の「わしは『万策尽きれば女系も認める』という穏健的な男系論者の方々には敵意を感じてはいません。わし自身、以前はその意見だったからです。そしてなぜわしが転向したかというと、いろいろ調べてみて『もう万策は尽きている』と分かったからです。」との小林さんの発言は、何度も言いますが、驚くべき発言です。

 彼自身が「女系天皇容認」に「転向」した真の理由は「もう万策は尽きている」と思ったからだと告白しているわけですから、彼がこれまで唱えてきた女系天皇を正当化するために唱えてきた言説はすべて、「やけっぱち」から生まれた「屁理屈」(スカンク理論?)だったということになります。

 ということは、彼が『サピオ』平成22年9月8日号で、『神皇正統記』は「直系」を「根本原理」としていると主張する山田孝雄氏の説を持ち出しのも、「やけっぱち」から生まれた「屁理屈」(スカンク理論?)だったことになります。
[PR]
by nitta_hitoshi | 2010-11-26 06:39 | 小林よしのりさん批判