人気ブログランキング |

新田均のコラムブログです


by nitta_hitoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

小林よしのり氏“公認”「ゴーマニスト」宣言(96)

 シナ男系絶対主義者=クレムリン小林さんは、旧宮家の男子の方々の皇籍取得に反対する理由として、『サピオ』平成21年12月16日号71頁で次のように書いています。
「なんでわざわざ『俗界』で生まれ育ち、すっかり一般大衆化したタダの男を皇族にしなければならんのだ? その男はレンタルビデオ屋でアダルトDVDを借りた記録を残しているかもしれない。いかがわしい男女交際をしたり、人に金借りたりしているかもしれない。あとで続々と『俗界』の証言者が現れて暴露するかもしれない。」

 小林さんは、全然想定していないようですが、この批判は女帝の配偶者にも全く同様に当てはまる批判です。自分の構想が実現した場合に、どんな批判が返ってくるのかも予想せず、ただ敵と見なした人々の主張を攻撃することだけに躍起になっている姿を見ていると、「本当に皇室の弥栄を願っているのだろうか?」「ただ議論に勝ちたいだけではないのか?」という疑念がわいて仕方ありません。

○だいぶ補足
 『wILL』10月号196頁によれば、「小林さんは敵を作りすぎるから、そろそろ落とし所を考えたほうがいいね」と言われて、考えた末の結論が次のような言い方だったようです。
「かつて男系絶対を唱えていた保守系知識人の中でも、頭のいい人はすでに沈黙した。大原康男氏も、櫻井よしこ氏も、八木秀次氏も・・・ その他の保守系知識人も、わしが集中的に皇統問題を描き始めて、みんな発声を控えてしまったではないか! 頭が良ければ、『ゴー宣』を読めば勝ち目はないとわかる!(中略)頭の悪い連中だけが未だに騒いでいるが・・・」(195頁)
「今や保守系知識人のほとんどが、皇統問題に関して沈黙してしまった! 大原康男、櫻井よしこ両氏からも反論はない。多分もう『ゴー宣』を読んでわかったのだろう。男系論の火付け役として責任があるはずの八木秀次氏も一切ダンマリを通している。ただ、ごく少数の頭の悪い連中が、まだ騒いでいる」(『サピオ』9月8日号56頁)

 小林さんは、「頭がいい」とおだてれば、心優しい保守派は勝ったことにしてくれると思っているようですが、そう簡単にいくでしょうか。この物言いは逆効果ではないでしょうかね。「落とし所」のつもりで、「挑発」してしまった、という感じがします。
 それにしても、こんな言い方でなんとかなると思うなんて、過去に「お前は頭が悪い」と言われて深く傷ついたとか、「頭がいい」と誉められてとても嬉しかったとか、そんな体験でもあるのでしょうか?
by nitta_hitoshi | 2010-09-05 06:04 | 小林よしのりさん批判