新田均のコラムブログです


by nitta_hitoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

小林よしのり氏“公認”「ゴーマニスト」宣言(72)

ゴーマニスト「降格」準則

4.話をすり替えて逃げたら降格!
32.ペテンの論法で読者を欺こうとしたら降格!


 シナ男系絶対主義者=クレムリン小林さんは、私が『正論』8月号で示した四宮家の正妻とその産んだ男子数のデータを批判して、「一夫一婦では、男系維持は絶対に無理だ!!」(『WiLL』9月号195頁)と主張しています。
 その根拠は以下の3つです。
①「トータルでも34人中16人の正妻しか、男子を産んでいない! 半分以上の正妻が、女子しか産まなかったのか、あるいは1人も子を産まなかったのである」
②「しかもこれは正妻が、男子を産むまでは、5人でも10人でも子供を産み続けるのが当然とされていた時代のデータだ」
③「それでさえ、こうなのだから、この晩婚少子化の時代に、一夫一婦では、男系維持は絶対に無理だ!!」(以上195頁)
 そして、
「新田はなぜこのデータで『男系は安泰だ』と主張できるのだ? こっ・・・怖い!」
と、つけ加えています。

 ここで、用いられている「すり替え」と「ペテンの論法」の種明かしは、8月12日放送予定のチャンネル桜で行います。乞う期待!

○小林さんは『WiLL』8月号で「今後もわしはすごい本を次々、出すだろう」(204頁)と書いています。以前の彼はこんなことは言わなかったのではないかと思います。「なんだか、余裕がなくなってきたみたいだな」と感じます。
[PR]
by nitta_hitoshi | 2010-08-05 10:08 | 小林よしのりさん批判