新田均のコラムブログです


by nitta_hitoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

小林よしのり氏“公認”「ゴーマニスト」宣言・緊急号外



 ついに、私に追い詰められて、スタッフのトッキーさんが「秘書みなぼんが見たもん」(平成22年6月26日)で大変なことを書いてしまいました。

①.もちろん『天皇論』でイザナキ・イザナミを「皇祖神」として描いた事実はありません。

 これは完全な虚偽です。『天皇論』の180頁を確認して下さい。「日本の『皇道』は万世一系、神話からの連続性によってのみ成り立つのだ!」と書かれたコマの絵は、イザナキ・イザナミから始まって今上陛下に至っています。
 小林氏は『サピオ』平成22年5月12日号71頁で「皇統のいろはも知らぬ男系絶対主義者のために当たり前のことを言わねばならないのか・・・ 皇祖神は天照大神です!! 現在の天皇につながる皇統は、天照大神の『天壌無窮の神勅語』によって始まったのだ!」と言っていました。つまり、今上陛下に至る皇統のはじまりに位置する神を「皇祖神」と言っていたのです。したがって、『天皇論』では、明らかにイザナキ・イザナミが「皇祖神」の位置に置れているとこになります。
 321頁にも同じ絵が出ていますが、こちらの方がもっと決定的かもしれません。なにしろ「歴代天皇表」の中に組み込んであるのです。

 もはや、理屈では言い逃れができなくなり、あるものを無いと言い出したのです。存在しないものをあるというのはカルトだと小林さんは言っていますが、ならば、あるものを無いというのもカルトでしょう。ついに、スタッフからカルトで出てしまいました。

②.皇統は神話からの連続性によってのみ成り立つ。イザナキ・イザナミはもちろん、それより前のアメノミナカヌシの神からも連続している。しかし、その中でも皇祖神は天照大神なのです! 明治天皇勅裁の皇統譜にそう書いてあるのです!

 私は、これを読んで吾が目を疑いました。トッキーさん、本当にそんなことを書いてよかったの? 『旧譜皇統譜』について小林さんが書いていたことを覚えてる?
「それ[『旧譜皇統譜』]は『神代』から始まり、記紀神話の最初に出てくる『天御中主神』から記されているが、そこに系図の線は書かれていない。系図の線は国生みのイザナギ・イザナミから始まるが、注目すべきはその次の『天照皇大神』の横にこう記されていることである。『世系第一』 皇統につながる血統の第一は天照大神でと明記されている!」(『サピオ』平成22年7月14日62頁)

 アメノミナカヌシからは「系図の線は書かれていない」んですよね。だったら、皇統は「アメノミナカヌシの神からも連続している」というのは「勅裁」違反ですね。「皇統につながる血統の第一は天照大神」なんですよね。だったら、皇統は「イザナキ・イザナミはもちろん、それより前のアメノミナカヌシの神から連続している」というのは「勅裁」違反ですよね。

 小林さんは、「新田は、一体不可分の『皇位』と『皇統』を切り離すというトリックを繰り出した」といい、それは「新田が言い出したカルト解釈である」(同61頁)と断定しています。ところが、トッキーさんも、皇統のはじまりを天照大神以前に遡らせるという私と同様の思考法で「皇位」と「皇統」を切り離しています。しかも、私の場合は、イザナギ・イザナミまでだったのに、トッキーさんの場合は祝詞にも出てこないアメノミナカヌシまで行ってしまっています。私の解釈が「カルト」なら、トッキーさんのは「超カルト」でしょう。

 小林さんは、「核心を語る」の中で、私の言説を批判して、学者失格、皇學館を辞めた方がいいとおっしゃいましたね。ならば、超カルトになってしまったスタッフをあなたはどうするのですか?

追伸
 小林さん、トッキー氏の文は決して削除しないで下さい。読者のみなさん、この文は、よしりん企画が、誰かから渡された史料に飛びつき、深く考えることも、史料批判することもなく、情報を垂れ流している動かぬ証拠ですから、大切に保存しておきましょう。
[PR]
by nitta_hitoshi | 2010-06-27 08:49 | 小林よしのりさん批判