新田均のコラムブログです


by nitta_hitoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

小林よしのり氏“公認”「ゴーマニスト」宣言(35)

ゴーマニスト「降格」準則

18.他人の論文をパクッたら降格! つづき

④.女帝の存在を理由に皇統の男系継承をシナ・朝鮮の男系継承より劣るとする論法

●酒井信彦「女系天皇こそ日本文明に適う」『諸君!』平成18年10月号 94頁
 シナ人・朝鮮人の男系継承は、シナの場合は非常に古くから、朝鮮の方は時代がかなり後から、という違いはありますが、いずれにしても唯一の例外もなく、男子のみによる男系継承を続けてきました。それに対して日本の場合はどうなのかといいますと、皇室においてすら女性の天皇がいらっしゃるわけです。幾ら女系の天皇は絶対一人もいないといっても、御歴代の中に女性天皇が何人もいらっしゃるということは、常識的に考えて男系としては厳密姓に欠けるということになります。

●『サピオ』平成22年5月26日号掲載「男系継承はシナ宗族制度の模倣」61-62頁
 男系継承に価値を置くのなら、天皇の系譜は孔子の家系図に完全に負ける。なぜなら日本の皇統には、8人10代も女帝が入っているからだ! 8人10代の女帝は「男系女子」だったとか、単なる「中継ぎ」だったとか、言い訳しても通用しない。シナの正史に、女性皇帝は一人もいない。孔子はもちろん、名もなき庶民に至るまで、本家本元の「男系絶対主義」の系図には、一人の女性も入っていない。本物の「男系絶対主義」では、たとえ男系女子だろうと、女帝は「ニセ天皇」でしかない! 女帝が入った時点で、皇統は断絶したことになるのだ!

 注 本物の「男系絶対主義」という言い方を見て、彼の考え方がようやく分かりました。小林さんは「シナ男系絶対主義者」なのです。彼にとって男系といえば、シナが絶対的な基準であって、その他の男系はニセ物で不完全なのです。
 これから、シナ男系絶対主義のことを「シナ男系クレムリン」と呼ぶことにします。ご存知とは思いますが、クレムリンは帝政ロシア時代に造られたモスクワにある宮殿のことで、かつてのソ連政府の別名でした。

追伸
「核心を語る2」(2ロール目の2分過ぎあたり)で「今時、[皇后陛下に]4人も5人も[お子様を]産んでいただくのは無理」と決めつけていますが、そうでしょうか?
私は、これからは御皇族の方々に、できるだけ早く結婚していただいて、晩婚化・少子化を克服する日本の象徴になっていただきたいと願っています。
[PR]
by nitta_hitoshi | 2010-06-23 06:43 | 小林よしのりさん批判