人気ブログランキング |

新田均のコラムブログです


by nitta_hitoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

書評 八木秀次編著『教育黒書』(PHP研究所)

寒気立つ現場の実態を鋭く告発(『正論』平成15年1月号掲載)

「だって、先生が『ピルを飲めば絶対大丈夫』って言ったんだもん」《親だけが知らない衝撃の実態をレポート!》とは、本書の「帯」の言葉である。この帯だけで、世が世なら発禁処分、どこかよその国ならば「有害図書」に指定されてビニールをかけられてしまいそうだ。ところが、本書の内容はいたって真面目である。『教育黒書』というタイトルから予想される通り、日本の教育現場の実態を鋭く告発したものではあるのだが、単なる暴露本ではないし、かと言ってお堅いだけの論文集でもない。というのも、そこには切なる願いと、巧みな戦略とがあるからだ。

 日本に先立つこと約三十年前、英国の教育は教職員組合の専横や反国家・自虐教育の横行により、学力低下や校内暴力の頻発といった危機に見舞われた。この時、学者・保護者・教師が立ち上がり、教育の実態を告発した本を次々に出版して、国民に教育の荒廃を訴えた。この市民運動に応えたのが一九七九年に誕生した保守党サッチャー政権で、「一九八○年教育法」の制定を手始めとして、以後次々に教育改革策を打ち出していった。編著者である八木秀次氏の序文によれば、本書刊行の意図は、「教育黒書運動」と呼ばれたこの英国の先例に倣おうとするものである。

 多彩な執筆陣による掲載論文の全容を、この小論で紹介することはとてもできないので、本書の特徴を一つだけあげれば、「ジェンダーフリー教育」批判ということになろうか。男女平等教育と性差解消教育との恐るべき違いについての蒙を啓くという意味で、八木氏と山谷えり子衆議院議員との対談は、先ず目を通すべきものだろう。

 そして、この議論の各論として、ジェンダーフリーが“家庭科教科書”に及ぼしている害毒を分析してみせたのが、八木氏の「お父さん。お母さん。ご存じですか? 男女共修『家庭科』ではこんなことが教えられている!」と、高橋史朗氏の「ファロスを矯めて国立たず」である。

 さらに、三重県公立中学校教諭・渡邊毅氏によるジェンダーフリー“性教育”の詳細な実態報告も注目に値する。「すてきなセックス、最高のふれあい」(小学校)や「性を楽しむために低用量ピルをゲットしよう」(女子高校)などと題する授業の内容は、あまりのことに、にわかには事実だと信じがたい。

 この他にも、ゆとり教育、人権教育、国旗・国歌教育、原発教育など、まだまだ多様な批判的報告がつまっている。

 今日の教育について何かしらの疑問や不満を感じながらも、学校という閉ざされた空間の外側でもどかしい思いをしてきた人々にとって、本書は大いなる助けとなることだろう。何故なら、各地における情報公開法の整備によって、本書類似の情報は一般市民にも入手可能となり、誰でも動かぬ証拠をつかめるようになってきたからだ。

 私としては、本書が一人でも多くの人の手にするところとなり、次々に類書が刊行されて、教育の危機に対する国民に認識が深まるとともに、その危機感をしっかりと受け止められる保守政治家が現れることを期待したい。この国と子供たちの未来のためにー。
by nitta_hitoshi | 2009-09-23 17:55 | 書評