新田均のコラムブログです


by nitta_hitoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
この質問に対するサントナー氏の答えは次のようなものだった。

平成24年2月6日午後1時56分19秒

 お手紙ありがとう。私はフランス人ではありません! ニューヨーク生まれのアメリカ人です。いまだかつてフランスの博物館について書いたことはありません。不思議です!!!
[PR]
# by nitta_hitoshi | 2013-02-07 23:29 | 英訳原文
2、あなたはフランスの博物館について書いていますか。

 あなたの論文「快楽原則を超える歴史―トラウマ表現の考察」の主題は、ナチスのホロコーストであって、フランスの博物館ではありませんよね。(中略) 私があなたに質問したいのは、あなたがフランスの博物館についてしばしば執筆しているかどうかということです。あなたの論文のいくつかはインターネットで読むことができます。それを私は読みましたが、しかし、フランスの博物館についての論文は見つけられませんでした、。

 私がこの質問をしているのは、少し不思議に思っていることがあるからです。それは、あなたの論文におけるホロコーストという強烈な文脈を無視して、あなたの「語りのフェティシズム」という概念が、ジョン・ブリーンによって、ホロコーストにまったくふれることなく紹介されているということです。そうしないで、彼はフランスの博物館の失敗を、あなたの論文に言及する際の例に挙げています。
[PR]
# by nitta_hitoshi | 2013-02-06 22:06 | 英訳原文
 平成23年2月4日午後7時30分

1、あなたはフランス人ですか。
ご存じかもしれませんが、ジョン・ブリーンという著名なイギリス人の神道研究者がいます。彼は自らの本の中で、「エリック・サントナーのようなフランス人批評家」という言い方で、あなたをフランス人の批評家だと言っています。彼は、あなたが戦後フランスの博物館について書いていて、それらは敗北・占領・協力という戦争体験によるトラウマを抑圧しているという意味で失敗していると、あなたが述べていると言っています。ジョン・プリーンは、あなたの有名な「語りのフェティシズム」という概念を、日本の靖国神社の問題に当てはめようと試みています。ジュン・ブリーンは、あなたをフランス人批評家だと言っていますが、それは本当でしょうか、それとも間違いでしょうか。あなたはフランス人ですか。
[PR]
# by nitta_hitoshi | 2013-02-06 00:46 | 英訳原文
 他人の業績の中身を創作して自分の立論の根拠とするなどということは信じられない。もしかしたら、サントナー氏は「History beyond the pleasure principle」以外の論文でフランスの戦争記念施設について書いていて、ブリーン教授はその論文と勘違いして「History beyond the pleasure principle」を注で挙げてしまったのではないか。そう考えて、友人を介してサントナー氏自身に質してみた。
[PR]
# by nitta_hitoshi | 2013-02-04 21:07 | 英訳原文
 ところが、先の記述の中でサントナー氏の論文内容と合致するのは、サントナー氏が「語りのフェティシズム」という術語を用いているという部分だけで、あとは全てブリーン教授の創作なのである。サントナー氏はフランス人ではないし、ブリーン教授が注でサントナー氏の業績として挙げている「History beyond the pleasure principle」(二八四頁)という論文も、フランスの戦争記念施設の研究ではなく、ホロコースト以後におけるドイツの言説の研究なのである。
[PR]
# by nitta_hitoshi | 2013-02-03 20:28 | 英訳原文
二、エリック・サントナー氏の論文内容の創作

 ブリーン教授の方法論的問題点を最も如実に示しているのが、「付論」で展開されているエリック・サントナー氏の業績についての「語り」である。ブリーン教授は靖国神社が語る戦争記憶を評価する基準としてサントナー氏の業績を持ちだし、次のように書いている。

「フランスの歴史家エリック・サントナーの戦争記憶研究が重要な手がかりを与えてくれるように思う。サントナーの研究はフランスで戦後間もなく建てられた博物館、記念施設を主題とする。ドゴール派が建てた博物館もあれば共産党が建てた記念施設もあるが、共通する特徴は、フランスの戦争体験が生産した「トラウマ」、つまり、敗北、占領それに協力(コラボレーション)という精神的外傷を抑圧する働きをする、と彼は言う。サントナーは歴史的トラウマの痛みを受け入れることを拒む、あるいは受け入れることができないのは、戦後のフランスばかりではもちろんなく、多くの戦後社会がある程度共有する現象だとする。戦争記憶が耐えるにはあまりに痛すぎるためそれを抑圧し、抑圧するための記憶戦略を演じる、という。「神話作成」であるこの記憶戦略を、サントナーは「語りのフェティシズム」と名づける」(二七九ー二八○頁)

 ブリーン教授に言わせると、靖国神社の語る歴史は「まさにサントナー氏のいうところの「語りのフェティシズム」の範疇に入る」(二八○頁)。
[PR]
# by nitta_hitoshi | 2013-02-01 23:47 | 英訳原文
 そこに注目しないで彼の議論に付き合うことは、鏡の歪みをそのままにしておいて、映し出された像を修正しようとするに等しい。そこで、本稿においては、彼の議論を歪ませる原因となっている方法論に内在する問題を、彼の「語り」を具体的に取り上げながら吟味し、読者の目から隠されてしまっている事実を一つ一つ明らかにしていく。
[PR]
# by nitta_hitoshi | 2013-01-31 16:08 | 英訳原文
一、本稿の観点と方法論

 本稿における吟味の焦点はブリーン教授の方法論に当てる。私の見るところ、彼はまず対象とする事柄をざっと眺めて直感的に自らが最も重要だと考える事件とそれに対する評価を定め、次にその結論を正当化するために必要な理論と事例をあつめて論文を組み立てている。予め仮説を立てるのは研究者なら誰でも行うことだが、彼の場合に問題なのは、自分の結論とは齟齬するような理論や事例に正面から取り組むことを避けて、つまみ食い的に用いたり、隠したり、無視したり、書き換えたりすることで、やっかいな論証を省略し、結局、自らが靖国神社を批判する際に問題とした「記憶の選択」を自分自身も行ってしまっていることである。
[PR]
# by nitta_hitoshi | 2013-01-31 00:58 | 英訳原文
はじめに

  国際日本文化研究センター教授のジョン・ブリーン氏が『儀礼と権力ー天皇の明治維新』(平凡社選書、平成二三年八月、以下書名のない頁記述は基本的に同書)を上梓された。ブリーン教授が平成七年から二十一年までの間に執筆した近代の天皇と神社に関する八本の論文をまとめたものである。

序章と第一章から第三章では、儀礼論的見地から、明治二年の明治天皇の伊勢参宮、文久三年の将軍家茂の上洛と孝明天皇への拝謁、慶応四年の誓祭儀礼(いわゆる「五カ条の御誓文」)、明治天皇が行った外交上の儀礼などに焦点を当て、儀礼の権力関係への影響を考察している。

第四章から第六章では、「天皇との関係によって新たに意味づけられる近代初期の神道、近代の神社を取り上げる」(一八頁)として、神仏分離、大国隆正の天主教観、日吉神社の山王祭が論じられている。

そして、最後の補論では、靖国神社を「記憶の場」として捉え、そこで語られる歴史は「きわめて偏った、歪曲されたものである」(二六四頁)と主張している。本稿はこのブリーン教授の著書の吟味を目的とする。
[PR]
# by nitta_hitoshi | 2013-01-29 20:54 | 英訳原文
 最近、痛切に、自分の論文を英訳することの必要性を感じるようになりました。それは、海外では依然として、私が研究している日本史、特に近現代史について、ゆがめられた議論が横行していることを認識させられたからです。その主な原因は二つだと思います。

 一つは、先の大戦中および日本占領中に生み出された日本の近現代史に対する先入観です。この先入観は、戦勝国民には疑いようのない真実そのものに見えています。それは、戦後世界の枠組みの基礎をなしている基本的な歴史観の一部となっています。したがって、この枠組みの外に出て、日本の近現代史を自由に問い、研究し、答えることは大変困難なのです。

 もう一つの原因は、英文で業績を発表していない研究者については、その最近の業績が、日本語を解しない外国の人々には正しく伝えられていないということです。 このような学問状況も元はと言えば、前述の枠組みにあると思われます。近現代を研究する外国人の多くは、前述の先入観にとらわれています。英語を駆使できる日本人の多くも同じ状況にあります。したがって、日本語を解しない外国人が入手する情報のほとんどは、彼らがもっている枠組みによって歪められてしまっているわけです。たとえば、その枠組みと相いれない理論や事実は、無視されたり、歪曲されたりして伝わっているわけです。

 どうしたらこの状況を一変できるのかはわかりません。ただ、近代神道を中心とした私の論文を翻訳してインターネットに載せれば、日本研究の最近の業績の一部を、日本語を解しない外国人にも知ってもらえることにはなると思います。その結果、彼らが日本について考える際に、これまでとは異なった視点をもってくれるようになれば、状況が変わる切っ掛けくらいにはなるのではないかと思います。

 そういうわけで、英文ブログを新たに開設しました。そこと外部リンクを張って、このブログには、原文を掲載することにします。
[PR]
# by nitta_hitoshi | 2013-01-29 00:12 | お知らせ