新田均のコラムブログです


by nitta_hitoshi
カレンダー

2010年 06月 28日 ( 1 )

お知らせ

「小林よしのり氏“公認”「ゴーマニスト」宣言・緊急号外」を、青色文字のように修正します。

 ついに、私に追い詰められて、スタッフのトッキーさんが「秘書みなぼんが見たもん」(平成22年6月26日)で大変なことを書いてしまいました。

①.もちろん『天皇論』でイザナキ・イザナミを「皇祖神」として描いた事実はありません。

 これは完全な虚偽です。『天皇論』の180頁を確認して下さい。「日本の『皇道』は万世一系、神話からの連続性によってのみ成り立つのだ!」と書かれたコマの絵は、イザナキ・イザナミから始まって今上陛下に至っています。
 ところが、その後、小林さんは『サピオ』平成22年5月12日号71頁で「皇統のいろはも知らぬ男系絶対主義者のために当たり前のことを言わねばならないのか・・・ 皇祖神は天照大神です!! 現在の天皇につながる皇統は、天照大神の『天壌無窮の神勅語』によって始まったのだ!」と言い出しました。つまり、今上陛下に連なる皇統は神話からはじまり、その最初に位置する神を「皇祖神」と呼び、それが天照大神だ、と主張し始めたのです。
 しかし、『天皇論』では、明らかにイザナキ・イザナミが皇統の最初に描かれて、「皇祖神」の位置に置れているのです。
 321頁にも同じ絵が出ていますが、こちらの方がもっと決定的かもしれません。なにしろ「歴代天皇表」の中に組み込んであるのです。

 もはや、理屈では言い逃れができなくなり、あるものを無いと言い出したのです。存在しないものをあるというのはカルトだと小林さんは言っていますが、ならば、あるものを無いというのもカルトでしょう。ついに、スタッフからカルトで出てしまいました。
[PR]
by nitta_hitoshi | 2010-06-28 23:45 | 小林よしのりさん批判