新田均のコラムブログです


by nitta_hitoshi
カレンダー

2010年 06月 17日 ( 1 )

ゴーマニスト「降格」準則

17.純粋まっすぐ君になったら降格! つづき

①.愛子様優先の皇室典範改正が陛下の御意志にかなうのかどうかという質問に対して、小林さんは答えずに逃げた。

②.小林さんと高森さんは、男系断絶の「運動」に着手していたという事実が明らかになった。
 私の質問を小林さんは「分断工作」という運動用語で理解し、それはかつて「つくる会」という「運動団体」において私が行ったことだった、と言っています。ということは、小林さんと高森さんは男系断絶のための「運動団体」を立ちかげていた、というわけですか?それは、気付かずに失礼しました。
 私は単に議論の前提を確認するつもりだったのですが、小林さんが「遅れてきた運動家」になって(変質して?)しておられたとは全然気付きませんでした。私は議論をしていたのに、小林さんは運動をしていたのですね。

③.高森さんの学者として不純さが明確になった。
 皇室における男系継承の伝統をシナに影響された因習と見る点で、小林さんと高森さんは一致しています。そうだとすれば、小林さんが言われるように「直系長子優先」という結論に到達するのが当然で、「直系男子優先」というのは意味がわかりません。老獪な高森なら、ごまかして、言いそうもない、明確で純粋な答え示してくださってありがとうございます。おかげで、高森さんの怪しさがはっきりしました。

 ということで、今回は、純粋まっすぐな小林さんに感謝! 拍手!
 純粋まっすぐ君、合格!

 でも、純粋まっすぐ君は、ゴーマニストにはふさわしくないので、やっぱり降格!
 ですね。

 ところで、
 小林さんは、長子優先か男子優先かは「ほんのちょとした相違にすぎない」(「核心を語る」6ロール目の2分14秒)と言われていますが、そうでしょうか? 
 男系主義を男尊女卑と非難するなら、男子優先も、やはり、男尊女卑なのではありませんか? 「男尊女卑」を否定する小林さんにとって、「男子優先」が何故「ほんのちょとした相違」なのか、教えて下さい。

 さらに、平等という観点を徹底するなら、長子優先も年齢による差別でしょう。なぜ、これはいいのでしょうか?
[PR]
by nitta_hitoshi | 2010-06-17 06:57 | 小林よしのりさん批判