新田均のコラムブログです


by nitta_hitoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

女系天皇論の非論理性・非歴史性・非倫理性(16)

高森さんの敗北宣言?脱歴史学者宣言?(3)

高森さんは「ゴー宣言ネット道場」の5月19日づけの「ネット男系派の自爆」で次のようにも言っています。

「私は、男系限定の論拠になって来たシナ男系主義に由来する「姓」は、既に過去のものになった―として根拠に明治4年の太政官布告を挙げている。これに対し、その布告は国民を対象にしたもので、皇室には無関係、と騒いでいるそうな。「は?」と思わずのけ反ってしまう。このことを私に伝えてくれた人も、苦笑していた。
彼曰く、「もともと、皇室には姓がない。だから、姓を制度上、廃止する布告が国民を対象にしたものなのは当たり前。その国民と女帝が結婚された時に、生まれたお子さまが、国民の間に姓の観念が根強く残っていれば、国民だった父親の元の姓を男系で受け継ぐように受け取られかねない、というのが問題の焦点。なので、国民を対象とした布告だからこそ意味があるわけでしょう」と。」

この反論のおかしな点は3つです。

 すでに、これまで何回も指摘してきたことですが、高森さんは『正論』平成16年7月号で、皇位継承において男系主義が貫かれた大きな要因として、「『姓』の観念がひさしく維持されたこと」(144頁)を指摘して、次のように書いています。

「異姓の養子をむかえると、その養子自身は、妻の家名を苗字として名乗るものの、姓は父系によって継承されるため、養子をむかへた家の姓が逆に、その子の代から養子に入った男性の姓に変はつてしまふ。/もし女帝が立つて藤原氏の男性を婿養子にむかへると、皇室そのものが藤原姓になつてしまふのだ。したがって、『姓』の観念を前提としているかぎり、男系の断絶はそのまま皇統の断絶と考へられたはずだ」(同143頁)

 ①つまり、高森さんの旧説では、「姓」を消して、皇室に入っても、「姓の観念」は継続すると言っていたのです。

 ②高森さんの旧説では、皇室にはそもそも「姓」が無いのに、「姓の観念」はあったことになります。つまり、皇室について語る場合には、「姓」の有る無しと「姓の観念」の有る無しとは別問題ということです。したがって、「姓」が使用されなくなったことをもって、皇室において「姓の観念」が過去のもとのなったなどとは、自説に忠実であろうとする限り言えないわけです。
 ところが、高森さんは、「姓」と「姓の観念」をすり替えることで、読者を欺くとともに、自説との矛盾を隠蔽しようとしているわけです。
[PR]
by nitta_hitoshi | 2012-05-24 21:07 | 女系天皇(主に高森さんへの問い)