新田均のコラムブログです


by nitta_hitoshi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

女系天皇論の非論理性・非歴史性・非倫理性(15)

高森さんの敗北宣言?脱歴史学者宣言?(2)

 高森さんは「ゴー宣言ネット道場」の5月19日づけの「ネット男系派の自爆」で次のように言っています。

「旧宮家系国民男子の「誰」が皇籍取得の意志を持っているのか?という問いに答えられなくて、女性宮家を設けても、「誰」が入り婿になってくれるか分からないではないか、などと喚いているとか。これは、特に低レベルの議論なんだろう。案の定、笑いものになっているそうだ。
女性宮家の入り婿というのは、旧宮家系の男子が皇籍を取得した上で、誰が結婚相手になるのか、ということに対応する話。それなのに、その手前の、誰が皇籍を取得するのかという問題(女性宮家の場合、既に内親王方がいらっしゃる)と、故意にか自覚しないでか(恐らく自覚しないでだろう)、混同してしまっている。やれやれ。」

下手な議論のすり替えですね。宮家設立の問題は、当主が男性にしろ、女性にしろ、高森さんが自ら繰り返しているように、皇位継承者を安定的に確保するための手段です。したがって、皇籍取得者がいたとしても、配偶者が見つからなければ子供は生まれないわけですから、皇籍取得者がいないのと結果は同じことなのです。
[PR]
by nitta_hitoshi | 2012-05-22 20:12 | 女系天皇(主に高森さんへの問い)